ソフトバンク光へのトランスフォーム

ちょっとバタバタしていて何もできませんでしたが今日から再開していこうかと思います


とりあえず今日は数年前の思い出を


これは僕が引っ越す時の話です。 引っ越しのスケジュールとしては11月に住んでる場所を引き払い、12月は兄のいるアパートへ住まわせてもらい、1月9日に引っ越すという感じです。


これから、何回も出てきて文字を打つのがメンドくさいので、これから先は引っ越し先のことを「オプティマスプライム」。兄のいるアパートのことを「メガトロン」として話を進めます。


引っ越す時っていろんな所に電話かけたりして解約だったり変更だったりの準備があってメンドくさいですよね。

で、その準備の一つとしてNTTさんに引っ越すので住所の変更お願いしますという旨を伝えました。


そしたら違うサービス(ソフトバンク光と仮名)に変えたらどうだという意見をいただき、そのソフトバンク光(仮)に変更したんですよ。


そうした次の日あたりにソフトバンク(仮の社名)さんから電話が来まして、「この度ご契約ありがとうございます。いつどこに引っ越すのか教えてください。」という内容で、僕はオプティマスプライムの住所と1月9日に引っ越すのでよろしくお願いします。と返して電話を切りました


その後、ソフトバンク(仮)さんから電話が再び来ました。

内容としては「契約内容が書かれた紙を送ったのですが、オプティマスプライムに人がいないようでこちらに返却されて来た」というものでした。


当然です。12月中に送ってきたんですから、前述の通り、僕は12月中はメガトロンにいるのでオプティマスプライムにはまだいません。

そこで僕は「前にも言ったんですが1月9日に引っ越すんで今はまだいないんですよ〜」なんて言いながらソフトバンク(仮)さんにメガトロンの住所を教えて12月中にその紙をメガトロンに送ってきてもらうようにしました


時は流れて1月14日、なんとソフトバンク(仮)さんはwifi接続に必要な機器(オールスパークとする)をメガトロンに送りやがったんです。理由としては少し前に書いてあるようにメガトロンの住所を教えたからでしょう


くどいようですが奴らに僕は1月9日に引っ越すって2回も言ったのに1月14日に送るオールスパークをメガトロンにぶち込んできやがったんです。これではオプティマスプライムwifiが使えません。

それは困ると思いなんとかならんかと言うことで奴らに電話したら、「それはもうどうすることもできんから兄に宅急便で送ってもらえば?」と言われました。




その時僕は自分が平静から怒りという感情へトランスフォームしているのを感じてました。




僕は自分で言うのもアレですが結構頑固な人間です例えば何か事故が起きたとして自分の非が6:4、5:5だったとすれば素直に謝りますが、4:6だったとすれば決して謝りません。


wifiの工事日が引っ越してから数日経つのも怒りの要因の一つでもありました。

僕はwifiのない非常に辛い生活に耐えて、やっと使えると思った矢先のことでしたから。


そんなこともありクソほどキレた僕は「何度も引っ越しの日にちを言ってたろ、俺悪くねぇだろ」「なんでオールスパークを自分の金で輸送しねぇといけねぇんだよ」と何度も悪態をつき、ディセプティコンと言う名のダークサイドに堕ちていき、怒りのエネルゴンを溜め込んでいきました。


しかし冷静になって考えてみると、ソフトバンク(仮)さんも有象無象の顧客の引っ越す日にちなんぞ知ったこっちゃないですし、僕一人がキレたところで奴らには何のダメージもないのです。


そのことに気づいた僕はディセプティコンからオートボットへの鞍替えを決意しました。

ディセプティコンであった自分が何て愚かだったのだろうとその時初めて気がつきました。


この時僕は人間怒りという感情を心の奥底にしまいこみ許すということの大切さを痛感しました。


しかし僕は自分の中に眠るディセプティコンを否定することはいけないとも思います。

怒りの感情(ディセプティコン)を慈悲の心(オートボット)でかき消す、つまり戦うのではなくお互いに共存し、2人仲良くサイバトロンを作り上げるのが一番であると、そう思いました。


しかし、それでも僕はソフトバンクはクソだと思ってます。前述のあのミスは一生忘れません。

僕はこれ以上自分のような悲劇を生み出さないように自らをオプティマスプライムとして、ある警告を送り続けたいと思います。


f:id:fgrandb:20170404184918j:plain

『私はオプティマスプライム

今から携帯を買おうとしている人やソフトバンク光を検討している人たちにこのメッセージを送る


ソフトバンクはクソである。】